上海★老盛昌蘇州湯包館にて

上海まで来て晩御飯が生煎だけと言うのも寂しいので
上海市第一食品商店から外灘の方へUターンをして、少し戻ったところにある
老盛昌蘇州湯包館 南京東路店というお店に行きました。

ここは小龍包で人気のお店で、ガイドブックのことりっぷにも載ってたお店。

そして、つかちゃんからもお勧めって教えてもらってたお店。

食べた後にお店の外観の写真を撮ろうと思ってたら
すっかり忘れました・・・

お店は2階にあるので、細い階段を上がって行きます。

店内には4人掛けのテーブル席がいくつも並べられている
普通のレストランという感じ。

それほど混んでいなくてたくさん空いていたけれど、店員さんからよく見える席に座ると
店員さんがメニューを持ってきてくれました。

d0131068_22315058.jpg

少し前に生煎を食べたばかりなので、そんなに食べられない。
でも、小龍包は絶対外せない!

d0131068_15542524.jpg

このあたりのおかず系はあまり惹かれず。

d0131068_22315054.jpg

雲呑スープ
もお勧めマークがあります。

d0131068_15541041.jpg

このご飯とおかずのセットメニューも美味しそう。
隣のテーブルで仕事帰りのお兄さんが一人で食べてました。

私が行った日は、木曜日の夜だったからか、観光客より現地の人が多かったです。
お一人様のOLさんやサラリーマン、カップルやおばちゃんグループなど。

d0131068_15525976.jpg

麺も食べて見たいけど、そこまでおなかに余裕なし。

ちなみに、ここでのつかちゃんお勧めは椎茸ラーメンらしです。
どんなのが出てくるのかすっごく気になったけど、やっぱり麺は無理・・・

d0131068_16015521.jpg

飲み物のメニューにアルコールはビールしか書いていませんでした。(多分・・・)

ビールは上から2つ目、6元。

この値段の見方が帰国するまでずっと慣れませんでした。

どうしてもシンガドルで考えてしまうんです。
上記だったら6ドル1ドル80円くらいと考えて、480円くらいか~と。

でも違うんです!1元16.5円ほどだったので、99円!
どのくらいの量のビールが出てくるのでしょう。
普段飲まないので、ビールを頼むと言うことを思いつかなかったけど
1杯くらい飲んでもよかったかも・・・





[PR]
# by lee_makan | 2017-06-24 08:02 | 食@上海 | Comments(2)

上海★乾物の臭いにノックダウン

南京東路から南京西路への歩行者天国では
あまり中国という感じがしないと思ってたけど

この小楊生煎
が入っている上海市第一食品商店まさに中国!(私の中で)

一歩入った途端に、もわっとした臭い。
中華の乾物独特の臭いが館内に充満していて。

シンガのチャイナタウンでもあるけど、こうも充満してると、さすがに辛い・・・

他でも食品関係のお店では、必ず乾物系も置いてあって臭いが充満してるんです。
換気設備がよろしくないのかも。

なので、上海市第一食品商店の中を詳しく探検はできなかったけど
一際行列が目立った一角がありました。
(3階のフードコートでは臭いはしません)
d0131068_08540722.jpg
若い人からお年寄りまで、コーナーの奥までズラリと並んでいます。
なんのお店かと思ったら
d0131068_08541233.jpg

シンガの東興でも売ってそうな焼き菓子のお店でした。ここのが美味しいのかな?

d0131068_08500261.jpg

シンガの美珍香(BEE CHENG HIANG)はあちこちで見かけたけど、どこでも人気♪

d0131068_08494648.jpg

そして、よく見かけたのがこちら。

d0131068_09074143.jpg

これは上海老酸奶、ようはヨーグルトです。
あまりによく見かけたのでその場でネットで調べたら
容器から想像して飲むヨーグルトかと思ったら普通のヨーグルトらしいです。

一つが大きいし、特に特徴もなさそうだったので、試しませんでした。
こうしてウロウロして少しおなかのものを消化させてから
次に突撃です!



[PR]
# by lee_makan | 2017-06-22 09:22 | 食@上海 | Comments(0)

上海★念願の小楊生煎

ビルの壁面に温度計があるのが、南京東路世紀広場

そこからさらに西へ歩くと

d0131068_19364385.jpg

上海市第一食品商店

ここの3階に私の目的のお店、小楊生煎が入っています。

その一角はフードコートでした。
周りに10店舗くらいあるので、そこで食べ物を買って
真ん中のテーブル席で食べるシステム。
一人旅だと、大きなレストランよりこういう方が勝手がいい。

まずは受付みたいなところで注文してレシートをもらうみたい。
スタッフの背面にあるのは、お店の名前とそこもメニューと金額。

d0131068_19412703.jpg

小楊生煎は左上のNo.1のお店。
メニューの一番上に、小楊生煎って書いてあるのでそれを指さして
1皿と言う意味で指を一つとして。これで伝わりました。


d0131068_19405802.jpg

小楊生煎のお店は、この受付のちょうど向かい側にあって、
数人の行列が出来てたのでその後ろに並び、ここで20分以上待ちました。

売切れたみたいで、次の焼き上がりをみんなで待ってました。
その方が熱々が食べられるので、私も喜んで待ちます^^

d0131068_19412769.jpg
焼けました!
左奥で焼いてるのを見てたのですが、焼けたらフライパンごと
店先に運ばれてきて、そこで注文分をパックに入れてくれます。

d0131068_19412869.jpg
それほど混んでなかったので、買ってから席を探しても十分座れました。
ちょうどお一人様用のカウンターが空いてたので、そこで。

食器で無く、使い捨て容器なので、味気ないのですが・・・

d0131068_19412746.jpg
でも、美味しい~!

一口かじると、反対側から肉汁がビュ~ン!と飛んで行って焦りました。
向かい側が壁のカウンター席で良かった・・・

つけダレも小皿に入れて持ってきたけど、いりません。
それくらいしっかり味が付いてました。

焦げてる部分はカリカリ、中のお肉もジューシーで美味しい。


ただ、周りの皮の部分で所々固い部分があって、
ちゃんと蒸し焼きになっていないのでは?と少し気になりました。

それと1個が大きい!
皮の部分が食べごたえがあるので、2個も食べればおなかにどっしり。

とりあえず、上海1食目は食べたかった熱々の生煎を食べて満足満足!



[PR]
# by lee_makan | 2017-06-21 07:12 | 食@上海 | Comments(6)

インド?中華?マレー?今日はどれにする?              シンガはお店の入れ替わりが激しいので、情報と現状が違う場合があります。


by lee_makan
プロフィールを見る