<   2008年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ハイジの白パンじゃないよ。。。(Raffles Hotel裏)

d0131068_16204539.jpg



これは先日紹介した天津館のパオ。

西湖小包の角煮まんとはちょっと違う。

生地の部分がこれもふわふわで美味しい。
お肉が細切りだから食べやすいってのもいいね。


ところでそろそろ私の訪星時期。

3月初め頃なら行けそうってことでホテルを予約したんだけど、
どこもかしこも

NOーーー!

グリーンホリデーさんからの回答では

「3月9日から12日の期間で、シンガポールにおいて INTERNATIONAL FURNITURE FAIR という大きな展示会が開催される関係でスーペリアクラス、デラックスクラスのホテルが
大変混み合っております。。。」



ちょっと焦ってます。
[PR]
by lee_makan | 2008-01-25 16:31 | 食@シンガポール | Comments(10)

昨日はカレーの日?!

昨日、1月22日は

カレーの日?!

「1982(昭和57)年、学校給食開始35周年を期に制定。
 1982年のこの日、全国の小中学校の給食で一斉にカレーライスが出された。 」
(Wikipediaより)

へぇ~、知らなかった。こんな大事な日にイタリアン食べに行ってたわ!


話は変わって、今日のはなまるマーケット海南チキンライスが紹介されてましたね。
これから流行るかもってことで。

ここ大阪ではタイのカオマンガイ>シンガの海南チキンライスですが
東京では海南チキンライスを出すお店が増えてきているとか。

はなまるではお店紹介というよりもレシピ紹介。

鶏をお鍋で蒸し茹でし、そのスープでご飯をフライパンで炊く。
なかなか美味しそうだった。

ただ、ソースは日本の調味料を混ぜて作るよりは、シンガのスーパーで買ってきた方が
美味しいだろうなと思った。
[PR]
by lee_makan | 2008-01-23 17:16 | その他 | Comments(4)

どちらが美味しい焼餃子?

美味しい焼き餃子が食べられるお店(日本人好み)といって
名前が上がるのがこの2軒。

↓チャイナタウンの京華

d0131068_11563271.jpg


↓シティーホール近くの天津館

d0131068_1157072.jpg


どちらも日本ではあまり見かけない両端が開いている包み方。どちらも美味しいです。
違いといえば、京華の方が皮が分厚く、ころんとした焼き餃子。
一方、天津館のは皮は薄めで京華のより細長い。
こっちの方が日本人には馴染みやすいかも。

天津館は以前はチャイナタウンのタンジョンパーガー近くにあったのが
今の場所に移転したみたい。どっちもチャイナタウンにあるよりも、
離れた方がお互いに良かったのではないかしら。

私のお気に入りはこの焼餃子よりも一番上の京華の写真に載っている「北京風餃子ピザ」
ピザってネーミングは無理やりのような気もしたけど、これ、美味しいです。
元々粉物のおこげ部分が好きなので、初めて食べた時からのお気に入り。
多分中身は焼き餃子のものと変わらないと思うけど、皮がパリパリしてて、香ばしいの。
天津館でも同じようなメニューがあるらしい。

京華は小籠包もファン多し。

どちらも私の好きなローカルフードではないけど、逆にローカルフードに馴染めない
日本観光客にはお勧めの2軒です。


店名 京華小吃(Qing Hwa Eating House)
場所 21 Neil Road

店名 天津館(Tian Jin Restaurant)
場所 231 Bain Street, #02-01 Bras Basah Complex
[PR]
by lee_makan | 2008-01-21 16:33 | 食@シンガポール | Comments(0)

どこがシンガポール風?

シンガポール風カレー風味焼きビーフン

時々日本で見かけるこの手のメニュー。

シンガポールにこんなローカルフードってあったっけ?

焼ビーフンはあるけど、それって代表的なメニューでもないし、
それがカレー風味になるとシンガポール風になる?




もしかしてもしかしてだけど、

シンガポール・ラクサがカレー味だから?
[PR]
by lee_makan | 2008-01-18 22:22 | 食@日本 | Comments(4)

脂っこくないチャークェイティアオ(Golden Mile Food Ctr)

昨日のタイのきしめん醤油風味炒めが頭から離れない。
で、ちょっと調べてみた。PUD-CI-EWはパッシーユーと読み、
クィッティオ・パッシーユーとも言う。
このクィッティオとは、タイ語で米の粉で作った麺のことで、細い順にセンミー、 センレック、
センヤイと3種類の太さがあり、パッシーユーに使われるのは一番太いセンヤイ。
これをシーユーダムという甘い独特な風味の黒醤油を使って炒める。
具は卵・野菜・豚肉など。

これで私がチャークェイティアオを思い出したのも納得!
食べてる間、今にでも中から赤貝や中華ソーセージが出てきそうで!(笑)

でも脂っこさはチャークェイティアオの方が断然↑。
パッシーユーはそこまで脂っこくなかった。これはお店によるのかもしれないけど。

d0131068_17143248.jpg


これはGolden Mile Food Ctr 1階にある有名店のもの。
ここの特徴は、

No Pork, No Lard

確かに脂でデラデラしてないし、べちゃっともしてない。
でも、私はチャークェイティアオにはある程度テカッててほしいな~。

店名 91 Fried Kway Teow
場所 Golden Mile Food Ctr #01-91
時間 11:00~14:00(月),11:00~21:00(火~日)
[PR]
by lee_makan | 2008-01-17 17:40 | 食@シンガポール | Comments(12)

旨い!スウィートバジル!@福島

今日も行って来ましたスウィートバジル

前回カオマンガイで感動したお店。

ここは私の行動範囲から少し外れるので、わざわざ電車を乗り継がないと行けない
とっても不便な場所。それでも行ってしまうのは
美味しいから!


ここのランチメニューはカオマンガイ以外にもいろいろあって、
中でも日替わりの炒め物って言うのが「辛いのが好きな人にはお勧めです」となっている。
今日はこれを食べる気満々~だったのだけど、すでに売り切れ。
次に食べたかった日替わりカレーは今日は鶏肉のイエローカレー。
イエローカレーってあまり辛くないイメージがあって却下。
(後で隣の男性が辛い辛いって言って食べてるのを聞いたけど・・・)
で、選んだのが「タイのきしめん醤油風味炒めセット」

これ、ずっとパッタイ(PUD THAI)だと思ってたら違うみたい。
PUD-CI-EWって書いてある。どういう意味だろう。

とにかく、これが
めちゃ旨~!

チャークェイティアオをもう少しあっさり甘めにしたような感じだった。
麺はお米から出来ている幅広麺で、フォーファンみたい。
でももっと腰があって歯ごたえが良かった。
具は麺以外に炒り卵・豚肉・ブロッコリーくらいと少な目。
ところどころに赤い点々が見えたからチリも入っているみたい。全然辛くないけど。

でもこんなところでチャークェイティアオに似たものに出会えるなんて、すごい懐かしかった~。
いつもなら残すところを全部食べちゃいました!
やっぱりここは夜も来てみたい。
[PR]
by lee_makan | 2008-01-16 22:38 | 食@日本 | Comments(2)

バクチョーミー(ホンリム)

もう1軒、ホンリムで行列の出来るお店。
先日のイポーフォーファンのすぐ隣のバクチョーミー。

d0131068_21342746.jpg


ここもいつ行っても長蛇の列。

私はあまりバクチョーミーが好きではないので、一人前をちゃんと食べたことがない。
この時も私はイポーフォーファン、友達がここのバクチョーミー。

d0131068_2138192.jpg


これもドライなんだけど、どんぶりさんのと随分違って見える。

そして友達曰く、「そんなに並ぶほど美味しいとも思えない」そうで。

あぁ、、、付いてくるスープの灰汁が・・・。

シンガでは人気のメニューなので、いつかはバクチョーミーを語れるようになりたいなぁ。

店名 Ah Kow Mushroom Minced Pork Mee
場所 Hong Lim Mkt & Food Ctr #02-43
時間 9:00~19:00
[PR]
by lee_makan | 2008-01-14 21:13 | 食@シンガポール | Comments(2)

麺のお話。

シンガポールのローカルフードを食べ歩くと、た~っくさんの麺の種類に出会う。
ざ~っとこれくらいはある。

ミーポッ(麺薄)・・・黄色い生麺の薄い平型。ドライのフィッシュボールヌードルやバクチョーミーなど
ミーキャッ(麺仔)・・・黄色い生麺のちぢれ細型。香港麺とも言う。ワンタンミーなど
セックミー(熟麺)・・・黄色い調理済み麺。福建麺。太めの平型はローミーなど。中太丸麺はプロウンミーやホッケンミーなど
ビーフン(米粉)・・・細麺、中細麺、太麺など。
クェイティアオ(河粉の福建読み)・・・米粉系の白い幅中麺。こってり味料理に多い?
フォーファン(河粉の広東読み)・・・米粉系の白い幅広麺。あっさり味料理に多い?
バンミェン(板麺)・・・クェイティアオとは違ってうどん粉(中力粉)でできた幅広の白い生麺。
料理名もそのまま板麺。英語名Homemade Noodle

フィッシュボールヌードルの麺はミーポッ、クェイティアオ、ビーフンなどから選べる場合が
あるけど、大体のメニューにはどの麺が合うか決まっている。
看板に書かれているものが店主お勧めなので、それを頼むのが無難。

選べる場合は大抵店先のショーケースに並んでいるので、指差しでOK。

で、気付いたのだけど、シンガポールって暑いところなのに冷麺ってないのね!
今まで考えたことなかったけど、ほんとにないわ。
暑いところだから火を通さないと危ないからかなぁ。
でも、暑いところで暑い麺を食べる。これ、なぜか美味しい。
真夏の大阪できつねうどん?絶対無理!
[PR]
by lee_makan | 2008-01-14 21:12 | 食@シンガポール | Comments(14)

日本でカオマンガイ!@福島

初めて食べました、カオマンガイ

d0131068_2222732.jpg


また携帯の写真なのでボケボケですが。。。

大阪一美味しいとよく言われているタイ料理屋さん、スウィートバジル
ここのランチで食べてきました!

チキンを小皿に入ってるナムチム(付けダレ)につけて、、、
旨~い!

生姜の効いたチキンスープで炊かれたご飯も、、、
旨~い!

一気に南国に飛んだ気分!一瞬、ここはシンガ?ってくらい味・香りが日本じゃない!
その後バクバク一気に食べちゃった!本当に美味しかった~。

注文する前は日替わり炒め物(鶏のブラックペッパー炒め:辛い)か
日替わりカレー(牛肉のイエローカレー:辛くない)か、このカオマンガイかで
すごくすごーく悩んだ。
でも炒め物は前回食べたし、カレーなら辛いのが食べたいし・・・。
このカオマンガイは1日何食かの限定ランチなので、今日はまだあると言うし、いっとこ!と
思い切って頼んだのでした。大正解!
辛いものが食べたかったのだけど、それはサラダで十分辛かったのでOK!
サラダは豚(鶏か?)のひき肉とホム・デン(紫小タマネギ) とサニーレタスの和え物で、
結構辛いの!何々混ぜているのかよく分からないのだけど、辛くて旨い!
これが食べられたので満足満足。

シンガのチキンライスとの違いは多分タレだと思うけど、
チキンとしてはシンガで食べたものの方がぷりぷりしてて美味しかった。
今日のチキンはちょっとスカスカ状態で、チキンの身を味わうという感じのものではなかった。
でも、そんなチキン+付けダレ+ライスでしっかり美味しかった!

もちろんご飯はジャスミンライス。これまたバスマティ米と同様に胃にもたれない。
がっつり食べた割には苦しくなかった。
酸っぱ辛いタイ料理は、いいね~!

インドもいいけど。
[PR]
by lee_makan | 2008-01-10 22:29 | 食@日本 | Comments(0)

イポーフォーファン(ホンリム)

Hong Lim Mkt & Food Ctrにはいくつも名店がある。
2階の端っこにあるバックチョーミーとイポーフォーファンのストールはいつも凄い行列。
で、これはイポーフォーファン。

d0131068_17512597.jpg


なんとも豪華な、そしてシンガにしてはきれいな盛り付け方でしょうか!
紙のお皿ってのがいけてないけど。

具は普通のエビ4匹、クレイフィッシュ1匹を半分に開いたもの(卵つき)、ベジ、
揚げたガーリックがフォーファンの上にどさっと乗っかってる。
フォーファンは炒めた感じはなく、茹で上がったものを皿に乗せて、
上からダークソースを回しかけ、具をトッピングしたみたい。
だから食べる前にチリも入れてよーく混ぜることが必要。
フォーファンは喉越しがよくって大好き。

あまりエビが好きではないのだけど、このクレイフィッシュ!
エビと言うよりカニっぽくて、意外に美味しかった。

このエビバージョン以外にも鶏肉とマッシュルームバージョンもあるみたいなので
今度はそっちでもいいかも。
シンガのローカルフードにしては比較的あっさり系の食べ物です。

d0131068_20282829.jpg


店名 徳記(怡保)沙河粉
場所 Hong Lim Mkt & Food Ctr #02-41
時間 11:00~15:00 日曜休み
[PR]
by lee_makan | 2008-01-08 21:52 | 食@シンガポール | Comments(0)

インド?中華?マレー?今日はどれにする?              シンガはお店の入れ替わりが激しいので、情報と現状が違う場合があります。


by lee_makan
プロフィールを見る