カテゴリ:泊@台北( 10 )

☆台北☆ゲートまでが遠~い!

フードコートのパンで何とかおなかを満たして
ゲートへと向かい出したのは午前10時頃。

飛行機は10時40分発

余裕で着く予定が、これが遠かった・・・
d0131068_09255212.jpg

出国審査カウンターを通過したら左右に免税店がありました。
ちょこっと入ってみて、ネイルだけチェック

d0131068_09263867.jpg

OPIの値段を見たら、$360って書いてある。
当時のレート(3.6円)だと1300円くらい。
これならシンガの方が安い。
でも、最近お気に入りのネイルポリッシュはコーセーのネイルホリック
安くて、量が少ないので、色んな色を集められていい。

話は逸れましたが・・・

d0131068_09263894.jpg

ここからが遠かった。

d0131068_09263909.jpg

途中にまた免税店があって、お酒を売ってたり

d0131068_09263929.jpg

パイナップルタルトなどのお土産用の箱入りお菓子を売ってたり

d0131068_09263908.jpg

レストランも数件ありました。

d0131068_09263946.jpg

でも、あまり魅力的ではなかった

d0131068_09264064.jpg

綺麗だけど

d0131068_09264074.jpg

やっぱり食べている人が少ない。

d0131068_09263703.jpg

やっと私のゲート:B2に近づいてきました。
ここですでに10時25分!


[PR]
by lee_makan | 2017-01-07 08:56 | 泊@台北 | Comments(0)

☆台北☆台北で最後の食事は・・・

ターミナル1と2とを間違えていて、慌てて移動したけど
まだ時間に余裕があったので、フードコートで何か食べることにしました。
d0131068_09231699.jpg

中国語は読めないけど、美食とあれば、
何となく美味しそうなものがありそう。

d0131068_09231637.jpg

綺麗なターミナル1。
後で調べたら2013年7月に改装が終わったとありました。

d0131068_09231650.jpg

それも日本の建築家、團紀彦氏によるものだそうです。

d0131068_09231774.jpg

フードコートは地下にありました。

d0131068_09231709.jpg

ちょっと心配・・・

d0131068_09242758.jpg
人も少ないし、ざっと見て回っても食べたいと思えるものがありません
d0131068_09242864.jpg
仕方がないのでパン屋さん!
d0131068_09242902.jpg
ここでもエッグタルト
タルトというよりパイの生地。プルプルとしてて、あっさりタイプ。
d0131068_09242986.jpg
ガーリックトースト
日本では見かけないタイプだけど、これが意外と美味しかった!
ガーリックが強すぎず、周りはさくっと、中はふわっと。

マシーンで入れてくれたコーヒーは、薄くてあまり飲めず。(濃いのが好み)

最後に台湾らしいものが食べたかったのだけど、残念・・・




[PR]
by lee_makan | 2017-01-06 16:19 | 泊@台北 | Comments(8)

☆ レ・スイーツ台北 ☆ サプライズ編

外からホテルの部屋へ帰ってきたら、イスの上に紙袋がありました。
d0131068_15162441.jpg

私のではないし、何だろう・・・と中身を出してみると・・・

バッグ?! それも

ちゃんとした立派なバッグ!

d0131068_15162555.jpg

生地がしっかりしていて、サイドポケットもファスナー付。

d0131068_15162508.jpg

マチもついているので、たくさん入ります。
中にもポケットが一杯!

d0131068_15162574.jpg

カバンと一緒に手紙が添えてありました。

d0131068_06212797.jpg
こんなサプライズ・プレゼントは初めてです。

ありがたく頂いて帰りました^^

ちょっとしたことだけど、嬉しかったです。



この手紙を見て気付いたのですが、
ホテル名が、レス スイーツ 台北 チンチェン
ってなってます。

Les Suites Taipei Ching-Cheng

が正式名称ですが、ホテルのHPやホテル代理店などでカタカナでは
レ・スイーツってなってるのですが・・・

レス・スイーツとなっているのは、この手紙だけなので、
当ブログでは、レ・スイーツのままいくことにします。。。


[PR]
by lee_makan | 2017-01-03 06:45 | 泊@台北 | Comments(0)

☆ レ・スイーツ台北 ☆ モバイルルーター編

私がこのレ・スイーツ台北を選んだ理由は色々ありますが
ルームキーを悠遊カードに出来るほかに、
モバイルルーターの貸出と言うのもありました。

最初はシンガのようにプリペイドSIMカードを空港で買おうかと思ったけど
このサービスがあるなら!と、止めました。
d0131068_16245371.jpg
ホテルのチェックインの際にルーターの貸出を希望すると
このように機器類を渡され、説明を受けます。

左がモバイルバッテリー、右がモバイルルーター

ルーターにもバッテリーと同じカバーが付いていました。
d0131068_16252611.jpg
これはルームキー入れ。さりげないマークが可愛い^^
d0131068_16252682.jpg
中を開くと、左に朝食の案内
右に部屋で使えるwifiの設定情報。

d0131068_16252909.jpg
中に差し込んであるカードには、モバイルルーターの設定情報。
これらを設定して、外出する時にはモバイルルーターを持って行って。
おかげで、部屋でも街中でも快適にネットが使えました。
d0131068_16252727.jpg
ルームキー入れの裏側には、ホテルの住所や地図。

一度だけタクシーに乗った時に、ホテル名が通じなくて
このカードを見せたら分かってもらえました。

これを持って出ていてよかったです



[PR]
by lee_makan | 2017-01-02 09:02 | 泊@台北 | Comments(0)

☆ レ・スイーツ台北 ☆ 悠遊カードにチェンジ編

次はこのホテル独自のサービス。これがすごくいいもの。

ルームキーのカードでMRTにも乗れる!

ルームキーがシンガで言うEZ-Linkカードの悠遊カードになる。
d0131068_16253042.jpg
d0131068_16252914.jpg

この悠遊カードを使ってMRTに乗ると、全区間の運賃が2割引きだから
便利なうえにさらにお得♪
d0131068_16245333.jpg
チェックインの際に、カードに悠遊カード機能をつけるか聞かれます。
もちろん、つけてもらいました。
もらった時点で300元チャージされています。
当時のレートで1000円ほど。
滞在中に使った分はチェックアウトの時に清算。

このカードのサービス、観光客にとっては、とても嬉しいサービスだと思います
これで慣れない台北のMRTにも、簡単に乗れました!
d0131068_16245460.jpg
また、必要であればさらにスマートライフ・フォン
グレードアップ可能。私はそこまでしませんでした。
別レポしますが、モバイルルーターも貸してもらえるんです。
d0131068_16245380.jpg
このスマートライフ・フォンからなら、シンガを含めて5か国の国際電話(携帯電話)へ
無料で電話が掛けられます。

客室の電話からは、日本を含めて31ヶ国の固定電話に無料で電話が掛けられます。
私は一度家へ電話しました。
近頃母の話が長いので、無料で電話を掛けられて助かりました~^^

いろんなサービスはまだ続きます。。。


[PR]
by lee_makan | 2016-12-30 10:22 | 泊@台北 | Comments(4)

☆ レ・スイーツ台北 ☆ Tini Hour編

このホテルのサービスの一つとしてTini Hour
というのがあって、平日の18時から19時半まで
朝食会場と同じラウンジで、ワインなどが無料でいただけるんです。

一人2杯までだけど、私には十分すぎるくらい。

入り口で部屋番号を伝えると、アルコールの種類を聞かれます。
ワインなら赤か白、カクテルもありました。
(HPにはマティーニと書いてあります)

白を頼んで、テラス席まで持ってきてもらうことに。

d0131068_16105212.jpg
少し軽食もあります。チーズやカナッペくらい。
d0131068_16052058.jpg
チョコチップのクッキーが美味しかった!
d0131068_16041903.jpg
これら瓶ビールやジュースは有料と書かれていたけど、
チーズの向こう側に、一番搾りの缶ビールがあって、
それは無料でした。(確認スミ)
一人2杯までなので、この缶ビールが1杯分とカウントされるのかは未確認。

d0131068_16041863.jpg

外のテラス席で、まったりタイム
12月頭はまだ温かくて、外で飲んでてもちょうどいい感じでした。

日本ではほとんど飲まない私ですが、旅行に来たら飲みたくなります。

現実逃避を実感しながら・・・

海外旅行に来て、食べ歩きも好きだけど
こうやって、ただただぼ~と出来る時間が、
私にとっては至福のひと時


[PR]
by lee_makan | 2016-12-29 14:57 | 泊@台北 | Comments(2)

☆ レ・スイーツ台北 ☆ 朝食編

今回、部屋には朝食が付いていました。

受付からEVロビーまでの間に小さめのラウンジがあって
そこが朝食会場でした。
d0131068_15231096.jpg
こんな感じ。
ホテルの朝食会場にしたら小さいですが、ガラガラです・・・
お隣さんが食べ終わって席を立った後でした。
d0131068_15231245.jpg
着席後、すぐに持ってきてくれたのが目覚めの酢
これが結構酸っぱくて・・・
d0131068_15231179.jpg
ここの朝食は4品のメインの中から1品選び、
後はバイキングのようでした。

左が鯛のフルーツサルサソース添え(130cal)
右がパルマハムチーズのサンドイッチ(480cal)

ご丁寧にカロリーまで書いてくれているけど、今気付いた!
これって、Kcalの間違いじゃないかな?
d0131068_15231117.jpg
左がカボチャの春巻き(90cal)
右が台湾風野菜チャーメン(130cal)

サンドイッチも春巻きも気になったけど
やっぱりここは台湾風野菜チャーメンでしょう!
って、チャーメンって言うの?
d0131068_15231081.jpg
メインが出来るまで、バイキングをチェック。
サラダがあるのは日本人にとって嬉しい。
d0131068_15282702.jpg
チーズやクラッカー。
パンがなく、グリッシーニだけありました。
d0131068_15231298.jpg
ちょっとした小料理と、フルーツやデザート。
d0131068_15231239.jpg
そして、ジュース類。ヤクルト・ヨーグルトもありました。
d0131068_15301823.jpg
コーヒーはマシーンで自分で入れるタイプ。
d0131068_15231152.jpg
メインが来ました!
見た目シンプルなものが来ましたが、
これがなかなか美味しかったんです!
麺が幅広い麺で、もちもちしていて。
メニューを見ると米の粉で作られた麺ってなってます。
味付けもあっさり塩味だけど、しっかり中華。
野菜も炒めすぎずシャキシャキしてて。
量も少な目でちょうどいい。
意外に当たりでした~。

台湾に来たからには中華を!と思って選んで正解でした

バイキングの内容は正直大したことはありませんが、
ここに泊まる客層からしたら、これで十分でしょう。。。

対応してくれた男子は多分台湾人だと思うのだけど(日本人ではないという意味)、
笑顔を絶やさず、一生懸命に丁寧な日本語で対応してくれて、
とても好感が持てました


[PR]
by lee_makan | 2016-12-28 22:05 | 泊@台北 | Comments(4)

☆ レ・スイーツ台北 ☆ おへやのグッズ編

ホテルのおへやのグッズをチェック。
テレビの隣にはグラスやポットが入っている食器棚(水屋?)。
d0131068_06231792.jpg
この棚の上にはフルーツ盛り合わせ。
食べませんでしたが、到着したその日にも追加を聞きに来てくれました。

真ん中にあるグラス、これが可愛かった~。
脚が付いてるのはビールの時に紹介したけど、
実は足なしの方も可愛い形だったんです^^

ポットは象印。いつでもお湯が沸いてます。

その下に茶器。ちっちゃな湯呑が台湾って気分にさせてくれます。

d0131068_15323644.jpg
ポットと茶器の間の引き出しにお茶が入ってました。
京盛宇というお店のものみたいです。(お店のHPはこちら)

表の写真だけでは内容が分りませんよね、写真失敗。。。

覚えていないので調べてみたら、
右のピンクの方が白毫茉莉:白い芽にジャスミンの香りを染み込ませたお茶
左の薄い緑の方が四季春:台湾で品種改良によって生まれた比較的新しい品種の烏龍茶

ピンクの方を飲んでみましたが、優しい味のお茶でした。
とっても美味しかったです。

小袋包装になっていて、中身はティーバッグ。
こういうのなら、お土産にいいかも。。。

d0131068_15321962.jpg
ネスプレッソも完備、もちろん無料です。
d0131068_15400961.jpg
窓際のテーブルの上にあったのは
d0131068_15400972.jpg
可愛いチョコレート!
右下の葉っぱの模様は、このホテルのシンボルマーク♪
どれも美味しかった
このちょっとした甘いものサービスって嬉しい
d0131068_15292945.jpg
写真はぼけぼけですが、綿棒に絆創膏、ヘアゴムまでありました。
この辺りも日本の温泉旅館っぽい。

写真にはないけど、スリッパ・バスローブ・金庫など
ほしいものは何でもそろっていました。


[PR]
by lee_makan | 2016-12-28 10:27 | 泊@台北 | Comments(0)

☆ レ・スイーツ台北 ☆ おへや編

お部屋の中も落ち着いた雰囲気。
派手さはないけど、居心地のいい空間でした。
大きな窓は床から天井まで。昼間は部屋が明るい。
d0131068_15292814.jpg

ベッドサイドにはイスもあったんですが
これ、ロッキングチェアだったんですよ~!
だから何?!ですが、揺れた時はテンションあがりました^^

d0131068_15292729.jpg

これとは別にテレビ横にテーブルがあって、そこには普通のイスもありました。
なぜか写真なし・・・

d0131068_15292813.jpg

バスルームは広め。
シンクが特徴的なボール形。少し流れが悪いのが気になりました。

d0131068_15292951.jpg

流しの奥にあったのが、浴槽。
こんな形、初めて見ました!
浴槽が埋め込まれているのではなく、躯体と一体化している?
手前が段になっていて、そこに座れば半身浴にちょうどいい。

d0131068_15292821.jpg

隣には独立したシャワーブース。
水圧がとても強くてビックリしました。
アメニティはイタリア製のオリーブオイルを使ったもので、良かったです。

d0131068_15293077.jpg

この写真の右端のテーブル下にドライヤーが収納されていて
イスがおいてあるので、座りながら髪の毛を乾かすことができます。
私は使いませんでしたが、何だか日本の温泉旅館みたい。。。

d0131068_15292952.jpg
トイレはもちろん温水洗浄便座

開業が2002年なので、そんなに新しくはありません。
でも客室内は全体に手入れされていました。

後で調べると、もっと手頃な値段で新しく良さそうなホテルは
一杯ありました。

でも、立地条件・おへやの使い勝手のよさ・スタッフの対応・サービスなど
総合的に見て、また台北に行った時には、ぜひここに泊まりたい!
そう思えるいいホテルでした。





[PR]
by lee_makan | 2016-12-26 06:22 | 泊@台北 | Comments(4)

☆ レ・スイーツ台北 ☆ ホテル編

レ スイーツ 台北 チンチェン

こちらに決めたのはTrip Advisorで高評価だったのと立地条件、それに
歩いてすぐのところに美味しい胡椒餅の屋台があると口コミで読んだから

ホテルに着いたのは12時35分頃
チェックインも5分ほどで終わり、部屋もすぐに入れました。

基本情報はあまり調べていませんでしたが
7階建て、84部屋とホテルとしては小さめ。

それが私にはちょうどよかった。。。

ホテル内は全体に照度を抑えた落ち着いた雰囲気。
写真に撮ると自動調整で明るく見えますが、本当はもっと暗い感じ。

エントランスの写真を撮り忘れていました^^;

d0131068_14464169.jpg

これは3階から1階を撮った写真。
ここは何になるのかな?共用部だけど、ロビー???
チェックインした受け付けは、もっと入り口にあります。

d0131068_14464184.jpg


真ん中が吹き抜けになっている作り。
こちらももっと暗いです。
だから、家族連れで泊まるには不向きかもしれません。
d0131068_14464280.jpg
私が泊まったのは3階のピンク矢印の角っこ。
ここが一番エレベータから遠い部屋。
でも大丈夫。ホテル自体がこじんまりしているので。

ホテル内には朝食会場になるカフェはあっても
レストランが入っているわけでもないので、外部からの客の出入りはなさそう。

滞在中、あまり他の宿泊客ともすれ違わず、
朝と夕方にカフェを利用した際に見かけた程度。

欧米の男性二人組なので、ビジネスユースっぽい。
アジア系でも女性・男性一人での利用者で、こちらも観光客には見えない。
それも、年齢層が高め。
日本人や家族連れは見かけませんでした。

なので、とても静かなホテルでした。

スタッフは全員日本語が話せるわけではなさそうでしたが
日本人もしくは日本語が話せる現地スタッフがいます。

近寄りすぎず遠すぎずがありがたい。


[PR]
by lee_makan | 2016-12-24 14:57 | 泊@台北 | Comments(0)

インド?中華?マレー?今日はどれにする?              シンガはお店の入れ替わりが激しいので、情報と現状が違う場合があります。


by lee_makan
プロフィールを見る