コンセントが2種類

前回泊まったカールトンホテルでのこと。

コンセントが2種類ありました。

d0131068_1512729.jpg
↑こちらは現地仕様。
いわゆる3Pコンセントなのだけど、日本のものより2つ口部分(写真で言う下側の二つ穴)の
幅が広いんです。

だから私はいつも変換プラグを持って行ってます。
これは電圧を変えるものでなく、単にプラグ(差込部)の形状を変えるもの。
最近の日本のデジカメや携帯は電圧100~240V仕様となっているので、
差込形状さえ合えばそのまま使えます。

d0131068_1513626.jpg

↑こちらは日本仕様のものでも差し込めるタイプ。
幅が狭くても入るんです。

これは初めて見ました。

こうやって、コンセントも国際化しているシンガ。
逆に日本のホテルはどうなっているのか、気になりました。
[PR]
Commented by tanukidaponta at 2012-11-05 11:40
このタイプの差込口、狸田が今泊まっているヤンゴンのほてると同じポン
最近出来たホテルポンで、こういう対応になっているポン

ホテルは、色々な国からの人がくるポンで、こういうコンセントが必要ポンが、一般家庭でも使っているというあたりが、プラグを統一できない国らしいポンで、ちと問題ありポン

Commented by kaonoi at 2012-11-05 11:53
シンガポール資本のホテルだと マニラやジャカルタでも
角形3ピンの BFタイプだったりします
下側のコンセントは 普通の家庭ではあまり見かけませんが
電器屋で売っているテーブルタップなどでは かなり普及していますね
Commented by あじゃみん at 2012-11-05 23:03 x
コンラッド、いつもこれですよー。
携帯の充電は、重宝してます。
以前は、どこでも変圧器とか借りてたけど、考えてみればいらなかったわー(笑)
無知って無駄にも通じますね(笑)
Commented by lee_makan at 2012-11-06 06:25
◆狸田さん、こんにちは。
最近の海外のホテルでは国際化が進んでいるのかしら。
でも、一般家庭でプラグが統一できないとは。。。
いろんなところからの輸入品が多いということでしょうか?
Commented by lee_makan at 2012-11-06 06:33
◆kaonoiさん、こんにちは。
シンガに売ってるテーブルタップでも普及しているというのも
輸入品で形状がさまざまなのでしょうか?
それとも駐在の人が自国の家電を持ち込むためでしょうか?
Commented by lee_makan at 2012-11-06 06:36
◆あじゃみんさん、こんにちは。
コンラッド、そうでした?全然気付かず・・・
コンラッドはまだリノベーションしてないから、オープン当初からこのコンセントだったってことですよね?

変換プラグが引き出しに入ってるのは知ってたんですが。



Commented by あじゃみん at 2012-11-07 23:31 x
全部じゃないのですが、TVの下の変換プラグが入っている引出の横に蓋が付いたところがあって、そこにあるんです。
なので、蓋を開けないと分からないのですが、使えますよ。
Commented by lee_makan at 2012-11-08 15:53
◆あじゃみんさん、こんにちは。
そんなところに蓋付コンセントがあったんですか?!
私は気付かなかったし、絶対気付いていない人多いと思いますよ~。
昔からあったのかなぁ・・・
by lee_makan | 2012-11-05 05:47 | 泊@シンガポール | Comments(8)

インド?中華?マレー?今日はどれにする?              シンガはお店の入れ替わりが激しいので、情報と現状が違う場合があります。


by lee_makan
プロフィールを見る